新古車と新車の違いについて

新古車と新車の違い

スポンサードリンク

新車を購入することを検討しているのであれば、新古車の存在を理解していた方が良いかもしれません。

 

なぜなら、新車同然の車が格安で購入できることがあるからです。

 

そもそも、新古車と新車とは何が違うのでしょうか。

 

一言で言ってしまうと、新車は文字通り新品の自動車ということになりますが、新古車も新車であることに変わりはありません。

 

それでは、新古車とは一体何なのかについて、ご紹介していくことにしましょう。

 

まず、新古車となるには、いくつかの理由があるのですが、代表的な理由を2つご紹介します。

 

まず、1つ目は、なんらかの理由でキャンセルされてしまった自動車ということです。

 

自動車を新車で購入した際、販売店などのミスで色やグレードなど、お客さんの希望とは違う車が納品されそうになることがあります。

 

当然、その車はキャンセルされ、お客さんが希望している車が手元に届くことになりますが、キャンセルされた車をそのまま新車として販売するわけにはきませんよね。

 

ですから、その場合は、信頼できる中古車屋さんなどに売ってしまい、新古車として販売するのです。

 

2つ目は、報奨金と達成するために、いたしかたなく中古車屋さんに新車を売り、新古車にしてしまったということです。

 

新車ディーラーにはノルマがあり、そのノルマを達成すると億単位のお金が入ってくるようになっています。

 

その報酬を得るために、新車を中古車屋さんに販売してノルマを達成させ、赤字分を取り戻すといったことが、実際に行われているようです。

 

いずれにしても、新古車自体に何か欠損があるわけではありませんし、格安で新車が購入できるという意味では、大変お得だと言えるでしょう。

スポンサードリンク