上手な輸入車の選び方、保証,メンテナンスについて

輸入車とは

スポンサードリンク

車が大好きな人にとって、輸入車は憧れの自動車であるといえます。もちろん、国産車が好きな人もいますので、一概に言いきることはできませんが、そもそも輸入車とは一体何なのでしょうか。

 

分かりやすくいうと、海外の自動車ということになりますが、新車と中古車に分ける以外にも、全体で6通り存在するといわれています。

 

まず、新車の場合は、正規輸入車と並行輸入車。中古車の場合は、正規輸入車の中古、新車並行輸入車の中古、中古並行輸入車、中古並行輸入車の中古の4通りがあります。

 

車に詳しくない人にとっては、何のことだかさっぱり分からないということになりますが、それぞれに特徴やデメリットなどがありますので、輸入車を購入する場合は、新車、中古車以外にも種類があることだけは覚えておいた方が良いでしょう。

 

輸入車といっても、いくつかの種類があるため、事前に確認が必要となります。

 

例えば、正規輸入車を購入したいのであれば、ディーラーで購入した方が良いですし、保証などがしっかりしていますので、安心感が違います。

 

他には、新車並行車と呼ばれる輸入車も存在するのですが、この場合は保証やメンテナンスがどのようになっているかを確認し、いくつかの販売店を比較して一番信頼できるお店から購入した方が良いというケースもあるのです。

 

ですから、どうしても購入したい輸入車が見つかった場合は、必ず買い方についてしっかりとチェックするようにし、後々トラブルが起きないように注意しなければなりません。

輸入中古とは

輸入中古車といっても、大きく分けると4つのパターンに分かれます。どの種類が一番良いというものではありませんが、基本的なことについては理解しておきたいものです。

 

それでは早速、4つのパターンについてみていくことにしましょう。

 

まず1つ目は、正規輸入車の中古車です。

 

これは、日本国内で正規輸入車が中古車となったもののことを指しています。

 

修理歴などの情報が比較的はっきりと分かるようになっていますので、安心して購入することができますが、価格は中古車の中でも高めに設定されていることがほとんどです。

 

2つ目は、新車並行輸入車の中古車です。

 

新車並行輸入車が、日本国内で中古車となったもののことを指しており、こちらも正規輸入車の中古車同様安心して購入することができるでしょう。

 

稀に、新車並行車の中古車として販売されていることがあるため、必ず確認する必要がありますが、信頼できる販売店で購入するのであれば、トラブルを避けることは十分可能でしょう。

 

3つ目は、中古並行輸入車です。

 

アメリカで販売、購入され、中古車となったものが、そのまま日本に輸入された自動車なのですが、壊れやすい場合があるため、購入時は十分に注意する必要があります。

 

そして、最後の4つ目は、中古並行輸入車の中古車です。

 

中古並行輸入された自動車を、所有していた最初のオーナーが何らかの形で手放した後、そのまま中古車として店頭に並んだもののことを指します。

 

自動車の状態をしっかりと確認する必要がありますが、程度の良い車を格安で購入することができるケースも多々ありますので、チェックしておくことをおすすめします。

スポンサードリンク