上手な並行輸入車の選び方アメ車,正規ディーラー,チェックについて

並行輸入車とは

スポンサードリンク

輸入車や外車、アメ車という言葉は、比較的馴染みのある言葉ですが、並行輸入車というと専門用語のような感じになってしまい、分かりづらくなってしまうものです。

 

簡単に説明すると、個別の輸入ルートから日本へ輸入された自動車のことを指しており、国内で販売権を持っている正規ディーラーを通していません。

 

しかし、だからといって大きな問題があるわけではなく、エンジン性能など好みのものを自由に選べる利点から、比較的ファンが多い車だと言えるでしょう。

 

ただし、1つ気をつけておきたいこととしては、自社工場もしくは提携している工場があり、部品を問題なく手に入れるルートを持っているかどうか、必ず確認しておく必要があるということです。

 

並行輸入車は、自動車によって部品の持ち込みに時間がかかることがあり、更にその部品を持ち込むことができる工場が限定されているケースがあります。

 

そのため、何らかのトラブルが起き、修理が必要となった場合、直るまでにかなりの時間が掛ることがあるのです。

 

ですから、そのことを知らずに並行輸入車を購入してしまうと、後々非常に困ることになってしまうことから、十分に気をつけなければなりません。

 

近年は、一時期よりもトラブルが減少してきてはいますが、まだまだ完全に状況が改善されてきているわけではありませんので、並行輸入車を購入する場合は、販売店が信頼できるどうかを確認し、入念に自動車の状態をチェックするようにしましょう。

 

ネットなどで検索してみると、優良店を簡単に見つけることができますので、いくつかピックアップして比較してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク