新車購入の諸費用、税金,保険,自動車について

新車購入の諸費用について

スポンサードリンク

新車を購入する場合、車両本体の価格ばかりに目がいってしまいますが、諸費用について考えておかなければなりません。

 

おおよそではありますが、大体このくらいの諸費用が必要となるという目安が分かれば、価格の交渉時にも有利ですし、後々想定していた金額と違うというトラブルを防ぐことも可能です。

 

それでは早速、諸費用の内訳についてみていくことにしましょう。

 

まず、税金関連ですが、必ず必要となるものとしては、自動車税、自動車所得税、自動車重量税、消費税があります。

 

実際の金額は、購入した自動車などによっても違ってきますので、一概に言い切ることはできませんが、必ず支払わなければならないものですので、忘れずにチェックしておくようにしましょう。

 

その他の費用についてですが、保険関連も諸費用の中に含まれます。
特に、自賠責保険は加入しないとナンバーを登録することができませんので、
必ず手続きが必要となります。
それから、納車の際に自宅まで届けてもらうのであれば、納車費用も必要となりますし、
登録代行費用や、ナンバープレート代金、検査登録や車庫証明の際に使用する印紙代なども
用意しなければなりません。

 

このように、諸経費だけでもある程度の金額が必要となりますが、
中には税金のように削ることができない費用もあります。

 

そのため、できるだけ低価格で自動車を購入したいのであれば、販売店と相談した上で、
不要だと思われる装備を外したり、オプションをできるだけ付けないなど工夫する必要があるでしょう。

スポンサードリンク