車を売る時に必要な書類、売却,手続き,ディーラー,軽自動車について

車を売る時に必要な書類について

スポンサードリンク

自動車を売却する際、必要な書類は具体的にどのような書類が必要なのかについて説明します。

 

それでは、1つずつみていくことにしましょう。

 

まず、1つ目は、実印と印鑑証明書です。

 

どちらも早めに用意しておいた方が、後々楽ですので、自動車を売却することを決めた時点で手元に置いておくようにしましょう。

 

次に2つ目ですが、委任状です。

 

自動車を売却した場合の手続きは通常、ディーラーや中古車買取店がほとんど行ってくれますので、そのために委任状が必要となります。

 

そして、3つ目は譲渡証明書です。

 

自分でも簡単に行うことができる手続きですので、少しでも費用を掛けたくない場合は、手続き方法を確認してから自分で行うと良いでしょう。

 

それから、住所変更のある場合には住民票も必要となります。  軽自動車を売却するのであれば、住民票と認印が必要となります。

 

住民票は、発行から3カ月以内と決められていますので、こちらも自動車の売却を決めた時には、手元に置いておくことをおすすめします。

 

このように、自動車の売却に必要な書類についてみていきましたが、ほとんどの場合、難しい手続きや書類の用意は、お店側で行ってくれます。

 

また、分からないことがあれば、しっかりと説明してくれますので、書類を揃える際は一気に揃えてしまい、後は販売店にお任せしてしまった方が楽だと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク