中古車選びでの走行距離、目安,メンテナンス,性能,廃車について

中古車選びでの走行距離とは

スポンサードリンク

中古車を選ぶ際、走行距離は大変重要な要素の1つとなります。

 

基本的には、走行距離が短いほど、自動車の価格が高くなり、逆に走行距離が長くなるほど価格が安くなりますが、そのような観点だけで自動車を選ぶことは危険だといえます。

 

なぜなら、どのくらいメンテナンスをしてきたかということが、より重要となってくるからです。

 

目安としては、5万キロを超えたあたりから、価格がぐんと安くなっていきますが、元の持ち主が全くメンテナンスをしていなかった場合、いくら走行距離が短いからといっても、購入後すぐに不具合を起こす可能性があるでしょう。

 

それであれば、走行距離が5万キロを超えていても、
定期的にメンテナンスされていた自動車を購入した方が、長く乗れる場合も多々あるのです。

 

このあたりのことは、中古車を購入する際に確認できることですので、
丁寧に説明してくれるお店で教えてもらうことをお勧めします。

 

また、一昔前であれば、10万キロを超えた車は、廃車にするしかないという考え方がありましたが、
最近は決してそうとは言い切れません。

 

なぜなら、かなり性能が良い車が増えてきているからです。

 

そのため、10万キロ近く走っている車でも、先ほどお話したように、
メンテナンスがしっかりとされている場合は、購入しても問題ないでしょう。

 

このように、走行距離は1つのチェックポイントとなるといえますが、
長距離を走っているだけで価格が安くなっていることさえ分かれば、
お買い得ということになるのです。

 

 

 

スポンサードリンク